先端制御技術共同研究講座

現在,油圧ショベルのほとんどは,人間の操作によってその作業を実現します。より効率的な作業とするには,人間の様々な状態,例えば感性,技量,疲労度等に基づいて機械が作業者に合わせることで,作業者の機械に対する欠乏欲求を満足させ,また,成長を促すことが可能なショベルである必要があります。なお,いままでは,多少違和感のある作業機械であっても,作業者が機械に合わせることで作業量が確保されていました。しかし,どのような作業機械にも合わせられる熟練作業者の数は年々減少していきます。 この研究講座では,特に技量や疲労度を知り,「操作しやすい」「疲れにくい」「若手も乗りこなせる」を具体的なテーマとした研究に取り組んでいます。

img3.png